メニュー

編集Kの車遍歴

編集スタッフ(50代 男性)

  1. ボルボ 940クラッシックエステート
    現在の車。窓が大きくて見晴らしが良いので運転しやすい。四角いボディにキラキラグリルがお気に入り。スピードも出ないし今の自分に丁度いい。広大な荷室なので小さなお引越しならOK。96年式だけど故障もなく好調。
  2. トヨタ セリカXX 2000GT
    免許取った時に一番憧れた車を27年後に買った。自動車学校以来のミッション車。購入当初は修理の連続、部品も製廃だから工場にはほんと迷惑かけたな。でも超カッコよかったから気にならなかったし、なんと10年も所有していた。齢も取り財布と心臓に負担をかけられないのでサヨナラしたけど、お金持ちの手でいつまでも維持されていますように祈ってます。
  3. BMW635csiエクスクルーシブ(E24)
    世界で一番美しいクーペ。ほんとにどこから眺めても美しい。トラブルは冷却水漏れと走行距離計の歯車が欠けたくらい。
    BMWの誇るシルキー6体験とは(私には)巨額な自動車税に屈服して2年でお別れ。当時8万キロ走行で80万円で購入、しかも販売店が遠方だったので実車見ずに買ったけど、現在この車種は結構な値段でネットに出ててるからびっくり。売却したとき3万だったのに。。
  4. BENZ E280(W124)
    古いドイツ車の専門誌を読んでて段々この車が欲しくなった。ミッドナイトブルーの塗装も相まって(運転手はいい人なのに)高速道路ではみんなが道を譲ってくれる。直進安定性、コーナーリング、ブレーキ、ドアの開閉、すべてが別物に感じたのを覚えている。10年超所有。私的にザ・車。
  5. トヨタ マークⅡクオリス2.2
    新車で初めて買った車。さすが至れり尽くせりの国産車。しかしごめんなさい印象があんまり無い。
  6. ホンダ プレリュード2.0XX 4WS
    自分で初めて買った登録済未使用車。よく回るいいエンジン。最近また増えてきた四輪操舵(4WS)はスムーズだった。水平対向Egでもないのにボンネットが薄くてカッコよかったな。
  7. 日産ブルーバードLX EXTRA(家のくるま)
    FFになったブルのセダン。スポーツモデルでもないのに汎用リアスポ付けて、当時流行していたテールランプに白い線テープ貼っていた。つり革、方位計ととにかく何でも付けてた。とにかく嬉しかったんやろな。
  8. ’80カリーナセダン(家のくるま)
    「足のいいやつ」のコピーでお馴染み。濃い緑色の渋いセダンだったかな。道路と畑の間の緩くて深い溝に落ちて斜めに傾いた。片輪走行らしきものを初体験した車。
  9. マークⅡバン(家のくるま)
    免許取得後にシャバで初めて運転した車。AT車はクリープ現象で勝手に動く。停車後Pに入れずに降りて親父に殴られたな。

スーパーカーブームの時は無邪気に「ぼくはランボルギーニに買うぞ」と言っていたのが懐かしいね。

気に入った投稿はSNS等で紹介してください
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする