メニュー

こんな時代もあったよね

ゆきちゃん(80代 女性)

昔の田畑の肥料は人糞(肥溜め)がほとんど。そのためか人のおなかにはギョウチュウがいた。小学校一年生の初夏だったか、学校のトイレでお尻からヒモのようなものが出ているのに気がついた。びっくりして泣きながら先生に説明したら家に帰してくれた。
家で祖母に話すと、新聞紙でつまんでそのヒモを引っ張り出してくれた。30センチはあろうかというサナダムシだった。

私が小学生の時もお尻にテープを貼って学校に持っていくギョウチュウ検査がありました。日本でのこうした検査は平成27年度で廃止になったそうですけど。ていうか逆に割と最近までやってたのに驚きです。ちなみにサナダムシは条虫だそうです(編集部)

気に入った投稿はSNS等で紹介してください
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする