メニュー

日本で一番売れたシングル曲は?!

レコード・CD時代だから?意外な曲が上位に

トレホ編集部

  1. およげ!たいやきくん(458万枚)
    子門真人:1975年発売
  2. 女のみち(326万枚)
    宮史郎とぴんからトリオ:1972年発売
  3. 世界に一つだけの花(314万枚)
    SMAP:2003年発売
  4. TSUNAMI(294万枚)
    サザンオールスターズ:2000年発売
  5. だんご3兄弟(292万枚)
    速水けんたろう・茂森あゆみ:1999年発売
  6. 君がいるだけで(290万枚)
    米米くらぶ:1992年発売
  7. SAY YES(282万枚)
    CHAGE&ASKA:1991年発売
  8. Tomorrow never knows(277万枚)
    Mr. Children:1994年発売
  9. ラブ・ストーリーは突然に(259万枚)
    小田和正:1991年発売
  10. LOVE LOVE LOVE(249万枚)
    DREAMS COME TRUE:1995年発売

ダウンロードを含まないレコード/CDでの記録になります。
1975年発売の「およげ!たいやきくん」は2位に100万枚以上の差をつけて圧倒的1位です。5位にはだんご3兄弟もランクインしているので、ファミリー向ソングはヒットすると強いですね。
曲購入もダウンロードが一般的になった現代ではレコード/CD記録であれば今後抜かれることはないでしょう。

2位は国民的グループを抑えての演歌。少し前にものまねタレントが宮史郎さんを演じてにぎわった「女のみち」、名曲です。地道な営業で大阪の夜の街から火が点いてここまでのスーパーヒットになったそうですよ。

3位の「世界にたった一つだけの花」、実は2015年まで4位でした。2016年の解散騒動でファンがCD購入運動を展開、この年だけで40万枚以上が売れて順位が上がりました。

このランキングはオリコンさんからの引用ですが、実はオリコン設立以前の発売分は記録に含まれていません。
1965年発売の加山雄三さん「君といつまでも」が300万~350万枚と推定されており、正式な記録が取られていたらベスト10上位だったようです。今年で引退されますが、さすが若大将!

思い出の曲はありましたか?みなさんの選んだ楽曲ベスト10も投稿お待ちしています。

気に入った投稿はSNS等で紹介してください
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする