メニュー

日本の映画興行成績ランキング

ベスト10にアニメが6本!

トレホ編集部

  1. 劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」(2020年)
    コロナ禍での封切でしたが興収400億円突破。
  2. 千と千尋の神隠し(2001年)
    これも300億円突破。
  3. タイタニック(1997年)
    洋画1位。それまでの洋画1位は1982年の「E.T.」
  4. アナと雪の女王(2014年)
    洋画2位。観客が一緒に歌うのが話題になりましたね。
  5. 君の名は。(2016年)
    すっかりお馴染みとなった新海誠監督作品。「天気の子」(2019年)は14位。最新作「すずめの戸締り」も封切されました。
  6. ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)
    洋画3位。秘密の部屋が11位、アズカバンの囚人は17位。
  7. もののけ姫(1997年)
    1997年は「もののけ姫」と「タイタニック」が当時の邦画・洋画記録を同時更新しました。
  8. ハウルの動く城(2004年)
    もう18年前になるんですね。
  9. ONE PIECE FILM RED(2022年:上映中)
    最新カウントで興収182.5億円。これまでのシリーズではONE PIECE FILM Z(2012年)が68.7億円で39位。
  10. 踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを閉鎖せよ(2003年)
    第一作(1998年)は39位、第三作(2010年)は91位でシリーズ最大ヒット。

クールジャパンの面目躍如でアニメ作品が6本ランクインしています(うち1本はディズニー作品ですけど)。
ちなみに上記ランキングはウィキペディアの「日本歴代興行成績上位の映画一覧(興行通信社の発表資料に基づく)」からの引用です。

興収成績ではなかなか名画・名作と呼ばれる作品は上位にランクインされません。
みなさんのこれだ!と言う映画ベスト10投稿をお待ちしています。

気に入った投稿はSNS等で紹介してください
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする