メニュー

冬は夏にくらべて認知機能が低下する?

夏と冬では認知機能の差が約5年分の老化に相当する

カナダの研究者が米国、カナダ、フランス在住の高齢者3000人を対象に調査研究した発表です。
その内容は「冬季は夏季に比べて認知機能が低下し、その差は約5年分の老化に相当」とのこと。
なぜ季節によって認知機能の変動があるのかは明らかにされていません。

日照時間の短さが影響?

そもそも冬は日照時間も短く気温も低いので外出も少なくなりがちです。
太陽を浴びることで分泌されるセロトニン「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内の神経伝達物質です。
このセロトニンは心のバランスを整える重要な役割をもっていますが、冬は健康な人でもセロトニン分泌量が減るこが知られています。冬になると憂鬱な気分になりがちで、”冬季うつ”と呼ばれる季節性うつ病にもなりやすくなります。

セロトニンを増やすには、日光(朝陽)を浴びる、規則正しい生活、そして適度に体を動かすの3つ。
このセロトニンをしっかり分泌できていないと朝起きてから夜寝るまでのリズムが狂ってしまいます。
そして気分も落ち込み冬うつに。。うつ状態は認知症リスクを高めます。

寒くても規則正しい生活を維持しましょう

もちろん一日中、日光を浴びる必要はありません。しかし朝一に太陽を浴びるのが重要です。
ここで分泌されたセロトニンはその後”睡眠ホルモン”であるメラトニンの材料となり、起きてから寝るまでを気分よく過ごせるサイクルが作られます。がんばって朝・昼・晩の規則正しい生活を維持しましょう。

そして、

家にいることが多くなる冬こそ”思い出脳活”してみませんか?







気に入った投稿はSNS等で紹介してください
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする