メニュー

コロナでヒアリングフレイル(聴力の衰え)増加。

難聴は認知症最大のリスク

 今朝の新聞記事で聴力と認知症の関係について書かれていた。マスク生活のコロナ禍も影響する「ヒアリングフレイル」が増加しているという。フレイルとは虚弱なので「聴力の衰え」か。


“75歳以上になると約70%の人が難聴になる”といわれる。2017年に米医学誌に発表された論文では“難聴による認知症のリスクは8%”。危険因子の中では難聴が最大で、次が教育歴(知的好奇心の低さ)7%、喫煙5%、抑うつ・社会的孤立4%と続く。

聞こえづらくなることはコミュニケーションにとっても影響が大きい。「人に会っても会話が聞き取りにくいから」と段々疎遠になると同時に外出も控えるようになる。会話の情報を脳内で処理することが減り脳は委縮、加えて外出による運動、刺激も減少してますます認知症の危険が高まる。聞こえないことは同時にあらゆる意欲も減退させてしまう。

補聴器は調整や慣れで快適につかえる

 老人性難聴が主原因の感音難聴は加齢が原因で効果的な治療法はないそうだ。しかし目が悪くなった時にはメガネ、歯が無くなった時には入れ歯があるように、耳には聴力を補うための補聴器がある。

眼鏡や入れ歯が使い始めからその効果を実感できるのに対して、補聴器は数か月にわたって調整や慣れが必要。これが面倒でせっかく購入した高価な補聴器を使わなくなってしまう方も多いそうだ。

聞こえることは健康にも直結。「齢だし、もうこのままでいいわ」なんて思わずにがんばり所。筋肉も使わなければ衰える。同じ理屈で脳にも悪い影響があるのだから、根気よく自分にあった補聴器を仕上げて快適な生活を送っていただきたい。

難聴の程度によっては補助が、2018年からは確定申告で控除も受けられるようになったそうなので、必要な証明が受けられる補聴器専門医にご相談を。カタチが補聴器と良く似た“集音器”が安価に売られているが医療用機器ではないのでお間違いなく。

気に入った投稿はSNS等で紹介してください
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする