メニュー

もの忘れの異変に気が付くのは家族が多い

今日は敬老の日。
昭和世代はずっーと9月15日でインプットされていましたが、変更されて20年近く経つと第三月曜日に慣れてきました。
そりゃ休みがつながるのは嬉しいですからね。実家に帰るのは盆暮れが定番でしたが、敬老の日が連休になっているので集まって旅行や食事をされるご家族も多いんでしょうか?

さて敬老の日は普段より何かと祖父母、両親へ気持ちが向きやすいということで、公益財団法人認知症の人と家族の会さんが制作された「認知症」早期発見のめやすを掲載しました。

注意書きにもありますが、会員の経験からまとめられたものであって、医学的な診断基準ではないですよ、ということですが、実際に経験された方々のお話なのでとても参考になると思います。

(公財)認知症の人と家族の会HPより引用

以前、自治体が行った認知症に関する実態調査を複数読みましたが、ご家族が認知機能の異変に気が付くケースは多いです。
もちろんご本人がしっかりセルフチェックし、自ら受診するという方もいらっしゃいます。

私が周囲からよく聞く話として、なかなかご本人が認めたがらないとか、指摘すると怒るので言いにくい、があります。
ある機関の調査では、がんを抑えて「なりたくない病気」の1位になっていました。
認知症になってからの症状ばかりがクローズアップされて、まだまだ正確な情報が行き渡っていないことを感じます。

おかしいな?と思ったら、とにかく早期に受診を

見出しにも書いた通り、異変を感じたらまずはお医者さんに。
それはなぜか?
①早く発見できれば、段階と原因によっては適切な医療で健康な状態復帰への可能性がある
②放っておけばさらに進行する(進行を遅らせる治療法はある)
③いま現在、根本的に認知症を治す治療薬、治療法はない

ご本人は自分がそうなったとは信じたくないものです。誰だって「なんかの間違い?ちょっと様子を見てみよか」となります。
その”様子見の期間”が結果的に長引いて、進行が進むケースだってあります。

かかりつけ医がいるのであればまずはそちらに相談してもいいですし、
なければご本人がお住まいの市区町村に「地域包括支援センター」が設置されています。
センターは介護・医療・保険・福祉の観点から高齢者を支える相談窓口なのでまずはここに相談することもできます。

ご本人が一番不安の中にいます。周囲はまずは落ち着いて優しく見守り、適切な医療につなぎましょう。

私たちが子どもの時に絶対的な存在だった親は確実に老いています。そのイメージで「なんで分からない?、なんで出来ない?」と言っても仕方ありません。もう分からないし、もう出来ないんですから。

でも、それは私たちも「いつか行く道」です。

▼外部リンク:(公財)認知症の人と家族の会
https://www.alzheimer.or.jp/

気に入った投稿はSNS等で紹介してください
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする