メニュー

高校運動部の登録者数ベスト10

トレホ編集部

  1. サッカー(男女計15万8千人)
  2. バスケット(男女計13万6千人)
  3. 硬式野球(男子のみ13万1千人)
  4. バドミントン(男女計12万5千人)
  5. バレーボール(男女計10万7千人)
  6. 陸上競技(男女計9万3千人)
  7. 硬式テニス(男女計7万人)
  8. 卓球(男女計6万8千213人)
  9. 軟式テニス(6万7千871人)
  10. ハンドボール(男女計4万3千人)

スポーツ経験者の割合の参考になればと、令和4年度の高体連加盟登録者数、同じく高野連の登録者数から男女合計を手計算してみました。硬式野球は男子のみの人数になります。長らく部活動人数のトップに君臨していた硬式野球は2016年(平成28年)にサッカーにその座を明け渡しました。女子サッカー部員も今では1万人を超えています。

全国高等学校女子硬式野球連盟のHPによると現在の加盟校は全国43校で登録者数は不明ですが、硬軟合わせた女子野球競技人口は約2万人とも言われており、将来男女合算ができるようになればサッカー部に肉薄するかも知れませんね。

11位には剣道(男女計3万3千人)、12位に競泳(2万8千人)と続きます。日本開催のW杯以降盛り上がっているラグビーも1万7千人(男子のみ)と他の運動部に比べると少ないですが、いずれも根強い人気を誇っていますね。

みなさんはどんなスポーツを経験しましたか?投稿お待ちしています。

気に入った投稿はSNS等で紹介してください
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする